カバネリピンボール

  • 締切済み

理学部数学科(現役または卒)の方に質問です

地元の理学部数学科に在籍している学部2回生です。 最近になって大学院の進学などを考えるようになりました。 そこで、今大学で履修している内容の復習と、来年度から履修する予定の分野の予習のために、 専門書を購入して勉強しようと考えているのですが・・・ 学部2年ももう終わりに近づいているけれど、学部2年で学んだ内容(解析、線形代数、集合と位相)の復習を「今」からするのは時期が悪いでしょうか? というのも、学部2年まではゆっくりのペースでしたが、学部3年からは複素解析、代数、幾何、確率、統計、情報数理、微分方程式論などがあり、大変です(これが他大学では普通なのかもしれませんが)。 なので来年度からは来年度の分野の勉強もしなければならないので、「今」から学部2年の復習をするのは中途半端なところで終えてしまう結果にならないかと不安です。 僕は中でも「解析学」に興味があり、先週になって初めて独学用の専門書(参考書)を購入しました。 (「イプシロン・デルタ論法 完全攻略」です) そして購入したまま触れていない専門書が2冊 ・「集合・位相入門」(松坂和夫) ・「(数学シリーズ)集合と位相」(内田伏一) です。 最後に、大学院に進学した方は学部の1年次から専門書などを用いて独学などを行ってきたのでしょうか?(大学院入試の過去問を見ても、歯が立たなくて解けない問題ばかりです・・・) 回答お待ちしています。

みんなの回答

  • algebrer
  • ベストアンサー率100% (1/1)
回答No.3

現在、数学専攻博士課程(代数系)のものです。 >学部2年ももう終わりに近づいているけれど、学部2年で学んだ内容(解析、線形代数、集合と位相)の復習を「今」からするのは時期が悪いでしょうか? 単位が来ているならば、時期が悪いことは無いと思います。むしろちょうどよいタイミングではないでしょうか。 3年の授業が始まって分からないところが出て来たら適宜戻って勉強する、というのでもよいと思います。 解析に興味があるなら、解析関係の教科の内容はしっかり理解しておくことが望ましいです。 >最後に、大学院に進学した方は学部の1年次から専門書などを用いて独学などを行ってきたのでしょうか? 個人的には興味本位で見る程度でした。自主セミナーで友達と輪読などしていました。 基本的には独学が中心だと思います。 学部のうちは講義の内容をしっかり理解しておくのが一番だとおもいます。 わからないところが出てくるはずなので、友達や先輩、もしくは機会があれば先生に聞くとよいと思います。 また、その挙げられた本は講義の際に推薦された本でしょうか? 講義の教科書として何か挙げられた本を読み、演習問題が問題なく解けるようになっていれば問題ないと思います。 集合位相は解析および数学全般で基本となることなので、講義で扱われた内容については理解しておく必要があると思います。

  • alwen25
  • ベストアンサー率21% (272/1253)
回答No.2

>初めて独学用の専門書(参考書)を購入しました。 (「イプシロン・デルタ論法 完全攻略」です) これを使うのは、数学を深く知りたい物理学や化学専攻の人だと思いますが。 大学院進学希望で専門書を読むなら、洋書も読んだ方が良いと思います。 (4年生から大学院にかけては貴方の希望に関係なく必要になると思います)

回答No.1

こんにちはです。 回答が寄せられませんね。 《お礼率》がほとんどゼロだからでしょうか。 ───《お礼》は、マナーとして、するものですよ。回答者さんたちの善意や親切を土足で踏みにじるような真似をしてはいけない─── 3年次のカリキュラム、何か、えらく古典的だね。前現代的な気がするのだけれど・・・。 それはそれとして、 現時点で大学院入試の過去問が解けなくても悲観するには及ばないと思います。 入試の時点で合格点をとれればいいので、 それに向けて今から勉強すれば、大丈夫!! な~に、心配には及びません。 大学によりますけれど、 大学院の入試問題は、 大学入試の問題以上に似たような問題が出題されますので。 とは言え、 そのレベルで満足してはいけないのでしょう。 もっと上のレベルを目指さないといけない。 学校で教えてくれること以外に、 自分の興味がある分野を独学するくらいの意欲がないと。 でなければ、何のために大学院の数学科に進学するのか、わからなくなってしまいます。 イプシロン・デルタ論法が苦手みたいですから、 位相はもっと苦手なんだろうな~。 苦手克服をめざして頑張ってください。

関連するQ&A

  • 大学の数学科の数学

    私は今、物理科4年生で理論物理を学んでおり、大学院に進学予定です。 そのためかなり高度な数学も学ぶ必要があり、今苦心しているところです。 私はまだ学部生なので、そこまで高度なことは学んでないのですが、 群論、微分幾何、リーマン幾何学、リー代数、トポロジー、ホモロジー、ホモトピー、ルベーグ積分、ヒルベルト空間論、位相、多様体 などという言葉を研究室内でよく耳にするので、恐らくこういうのを今後学んでいかなければならないのだと思います。 しかし、私は、物理数学として学部時代に少し学んだだけで、ちゃんと体系的に学んできたわけではないので、数学科の人が何をどういう順番で学んでいるのかよく知りません。 上にあげたような分野も、それを学ぶ前に前提として学んでおかなければならないことが何なのかが全く分かりません。 そこで質問なのですが、数学科の人たちはどのような科目をどのような順番で学んでいるのでしょうか?そして数学科の人が卒業するまでに求められる範囲というのはどのへんまでなんでしょうか? 例えば物理学科だったら、すべての学生に求められる範囲(とその順番)は 力学 電磁気学 物理数学(微積分・線形代数・ベクトル解析・フーリエ解析・複素解析・確率・統計) ↓ 特殊相対性理論 解析力学 熱力学 ↓ 量子力学 統計力学 といった感じだと思います。 色んな大学の数学科のホームページのカリキュラムのところを見たのですが、 「代数1」「解析1」みたいな感じの名前ばっかりで、中身がなんなのかは分からないのが多いです。 そいういう大雑把な名前ではなく、フーリエ解析とか群論、みたいにある程度具体的に教えていただけると助かります。 あと、数学の体系についても少し教えてもらえるとうれしいです。 私の理解だと、数学の分野は大きく分けて、 代数学・解析学・幾何学・集合論・確率統計・情報理論 に分かれると思うのですが、大体合ってますか? 例えば線形代数は代数学、微積は解析学に入りますが、例えばフーリエ解析や複素解析はどこに入るのでしょうか?解析ってついてるくらいだから解析学ですかね? 位相やヒルベルト空間論や離散数学はどこに入りますか? また、幾何学や集合論にはどういうのが含まれるのでしょうか?特に学部レベルだと何をやるんでしょうか? 色々質問しましたが、答えたいものだけ答えていただくのでも構いませんのでよろしくお願いします。 長くてすみません。

  • 大学の数学の勉強法

    院試に向けて、独学で大学の数学を学びたいんですけど、どの分野から勉強したらいいですか??あと選択しやすい分野があったら教えてください。代数・幾何・解析・集合論・線形代数・微積分の中でお願いします。

  • 数学書の洋書の名著を教えてください。

    数学書の洋書の名著を教えてください。 語学も兼ねて、日本における『解析概論』のような名著を読みたいです。 言語は、英語とドイツ語がわかるので、その2つでよろしくお願いします。 数学は、大学初年度の微積分、線型代数、集合位相、簡単な複素解析が解る程度で、現在特に興味があるのは代数学と数論です。

  • 数学を独学で学ぶにあたって

    最近、数学(大学以上の内容)を独学で勉強しようと思いました。 そこで、自分なりに調べて見たものとして  基礎論?(論理学、集合論、自然数論)  代数学(線形代数、抽象代数、ブール代数、整数論、群論)  解析学(微分方程式、位相解析、測度論、複素関数論、変分)  幾何学(ユークリッド幾何、非ユークリッド幾何、解析幾何、射影幾何、微分幾何)  トポロジー(位相空間、多様体、グラフ理論) のようなものがありました。 分類すること自体にあまり意味はないのかもしれませんが、 すでにここに挙げたものについて言葉がおかしいものや まだ名前の挙がっていないものでこういった学問がある などアドバイスしてください。 また、先にこれは学んでいたほうがよいというような ものがあれば教えていただけると嬉しいです。 私は物理学を修了しているので多少数学はやっていましたが、 数学屋さんから見ると穴だらけの数学のような気もするので、 大学初年度の線形代数くらいから もう一度きっちり抑えていくくらいの気持ちではいます。

  • 数学書

    現在、数学科の学部生の者です。 数か月後に大学で"位相幾何学"の講義が開講されるので、 今のうちに位相幾何学を勉強したいと考えています。 皆様のオススメの本がありましたら、是非教えてください。 あと、代数学の本も、同様に教えていただけないでしょうか? よろしくお願い致しますm(_ _)m ※位相に関する基本的なことは、松坂和夫先生の 「集合位相入門」で(まだ1,5周くらいですが)読んで、学びました。 ですが、この本には商位相に関しては、載っていませんでした。 位相幾何学では商位相の概念が重要と聞いたので、そこだけが 気になります・・・。 ※松坂和夫先生の「代数系入門」はすでに持っています。 「代数系入門で勉強しろ!」 という意見でも構いません。

  • 経済学部の数学

    経済学部で扱う数学について教えて欲しいです。 分野によるとは思うのですが、経済学は数学を扱いますよね? 私は国立大学を第一志望にしていて、その大学は受験で数学が必須なのですが、範囲は数2Bまでなんです もちろん私も数2Bまでしか履修しておらず数3Cはさっぱりです でも大学に入学後、経済学で扱う数学(統計学や何のことかさっぱりですが線形代数学など)を学ぼうとすると数3Cの予備知識というのはやはり必須でしょうか? それとも大学でも復習という形で初歩から丁寧にやってくれたりするんでしょうか? ちなみに得意というわけではないのですが、私は数学好きなので興味もあるし経済学を理解するためにも是非、数学の講義もとってみたいです もし数3Cの知識が必須なら大学に入ってからやるのでは何かと大変でしょうから、今のうちになんとかしたいと思っています ただそうなると試験には必要のない数3Cをやることで、他の勉強に費やす時間が減るのでそこが心配なんですが・・・。

  • 大学数学の基礎を理解するのに、どの程度かかりましたか?

    現在大学4年で卒論に取り掛かっている者です。 私は大学1~2年まで、あまり数学を真面目に勉強してこなかったので、ここにきて困っています。 大学3年の終わり頃から、集合や微積分、線形代数、ルベーグ積分、複素解析などの基礎を自分で勉強しているのですが、わかったようでわからないような、もやもやした気持ちで毎日を過ごしています。 周囲の人たちはほとんど勉強していないので、聞いたり一緒に勉強できる人もいません。 なので、特に理学部数学科で数学を勉強していた(している)方にお聞きしたいのですが、学部の4年間で学ぶ科目は、完全に理解しましたか?また、1つの分野(例えば位相など)の教科書を理解するのに、どれくらい時間がかかりましたか? 私は卒研のために英文のテキストを読んでいるのですが、『何がわからないかわからない』状態です。教科書の定理や定義は一応知っているつもりですが、どのように適用するのか?ということになると、さっぱりです。つまり、応用がききません。 教授に聞いてもほとんど教えてもらえないので、どうすれば理解できるようになるのか非常に困っています。 アドバイスお願いしますm(__)m

  • 英語で書かれた大学での数学問題集について

    突然の質問で失礼します。某国立大学の数学科を卒業し、現在は社会人なのですが、大学時代にやった数学の諸分野の復習をしたいと考えております。 マセマのすばらしく実力がつく問題集(線形代数、微分積分、複素関数、ベクトル解析、微分方程式)や寺田文行氏の関数論など、以下に挙げている諸分野の基本的な問題集はおおむね数冊ずつはこなしてきたつもりなのですが、まだまだ実力の不足を感じているため、同程度のレベルの問題集で、特に英語で書かれた物を中心にこなしたいと考えております。 英語で書かれた数学の専門書は、何冊か読んだことがあるので、読む分には問題ないかと思われるのですが、英語でかかれた(上記の問題集と似たような)演習書で、解説が同程度に詳しいような問題集にどのような物があるのかがわかりません。もしも、おすすめの物をご存じの方がいらっしゃいましたら、お教え頂けないでしょうか? 必要としているのは、以下の諸分野(難易度は上記の問題集と同程度が望ましい+解説が詳しいことが必要)です。 線形代数、微分積分、複素関数、ベクトル解析、微分方程式、位相空間論の問題集(英語で書かれた物)です。 何卒よろしくお願い申し上げます。

  • 数学科2回生の者です。専門と就職について質問です。

    ある国立の理学部数学科に所属している19歳の男です 今は「大学の数学楽しいな~」と毎日数学の勉強(学校進度に合わせている程度)をしているのですが、そろそろ大学院や就職について考えないとまずいなあと思いだしました。 もともと大学院には進学するつもりでしたが、これといって専門に持ちたい分野があるわけでもないので(興味のある分野はありますが…)、いまいち先が見えません。 大学院の卒業後は就職を考えているのですが、専門と就職先の関連性について知りたいです。 私が耳にした専門と就職先の関連性は、例を挙げると 数論をやっていた人→暗号関係の会社 代数幾何をやっていた人→符号ソフトなどの会社 数値解析をやっていた人→情報系。数値解析ソフトの会社 確率をやっていた人→アクチュアリー、クオンツ、トレーディングソフトの会社 などです。 数学科出身の方や、専門の数学を応用して仕事に生かしている方のご意見などを参考にしたいと思います。回答お願いいたします。

  • 高校数学が解析分野で埋め尽くされてるのは何故?

    高等学校で学ぶ数学は、序盤は代数分野や図形分野にもそれなりに触れているのですが、後半に近づくにつれて、だんだん関数や微分積分ばかり扱うようになっています。 特に数IIIに至っては、完全に解析分野で埋め尽くされています。 代数分野や図形分野はほとんど深入りしないのに、何故か解析分野だけやたら詳しく学んでいます。 何で高校数学は、後半に近づくにつれて解析分野ばかりやるのでしょうか?

専門家に質問してみよう