カバネリピンボール

  • ベストアンサー

線型代数の参考書について・・・。

齋藤正彦の線型代数入門(東京大学出版)と松坂和夫の線型代数入門(岩波)のどちらにしようかまよっています。 家の近くにでかい書店がなくてアマゾンで買おうとおもっているんですが、どちらのレヴューも評判よくかかれていて、まよいます。 一応高校で数学IIICを学んで、大学で線型を学ぶ者にとってどちらが適していますか??

noname#129061
noname#129061

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 10ken16
  • ベストアンサー率27% (475/1721)
回答No.1

結論から言ってどちらでも良いですが、 経済学部生や工学部生向けの 演習や具体例が入ったものを 1冊持っておくと良いです。 私自身は「1POINT」シリーズ (『一様収束』とか『固有値』とか  テーマ別になっている薄い参考書)が かなり役立ちました。

関連するQ&A

  • 大学の線形代数の参考書について質問です

    僕は今年大学一年の電気電子学科に入学しました。線形代数の参考書で質問したいです。 初級用に「やさしく学べる線形代数- 石村 園子」と中級用に「線形代数学- 川久保 勝夫」か「線型代数入門 齋藤 正彦」を買おうと思っています。初級と中級用のがほしいです。これらの参考書は良いものですか?また他におすすめの参考書がありましたら教えてください。

  • 線形変換について

    線型代数入門(東京大学出版・齋藤正彦著)の116ページの2,3行目に「線型写像Tの、基底E、E’に関する行列は明らかに標準形に等しい」とありますがなぜ標準形に等しいのかわかりません。詳しい方、回答お願いいたします。

  • 線型代数学(エルミート変換、ユリタリ変換について)

    教科書(線型代数入門 齋藤正彦著)のとある問、 1.『エルミート変換の固有値は全て実数で、ユリタリ変換の固有値はすべて絶対値が1の複素数である』 2.『任意の線型変換Tに対し、T*Tは、半正値エルミート変換である』 ということはなんとなく感覚的には分かるし、どちらもなんとなくの自分で証明(高校でやるような幼稚っぽい感じの証明)もできたのですが、ちゃんとした論理立てた証明をつくれなくて困っています。 解説してくださる方よろしくお願いしますm(_ _)m

  • 誤植?松坂『線型代数入門』

    松坂さんの『線形代数入門』第17刷発行から。 p201の 『(φ_α)^(-1)○(φ_α')=L_Pによって定義されるn次の正方行列Pをαからα’への基底変換行列という』とありますが、この場合α’からαの基底変換行列ではないでしょうか? そう思うのは、α’からαにうつっているように思えるからです。

  • 線形代数学の履修について

    現在大学の工学部に在籍しているのですが線形代数学はやっておいた方が良いと聞いたので 選択科目の線形代数学のIとIIを履修しようかと思ったのですが 時間割の関係でその曜日はそれ以外の授業があまりありません 履修しなければ早めに授業が終わるのでその時間でバイトをする時間が作れるので迷っています 1.独学で出来る範囲の物なのでしょうか? 2.独学で勉強して同程度に理解出来るようになったとして履修するより不利になる事はありますか? 使う教科書は「入門線形代数」三宅 敏恒(培風館)です

  • 大学数学について

    今年理学部数学科に入学する者です。 大学1年次での数学とは主になにをするのでしょうか? 微積分と線形(線型)代数は必ずやるということくらいしか知らないのですが・・・ あと微積分や線形代数でいい参考書や演習本とかないでしょうか? 基礎から発展的なものまで網羅されてるものは少ないとは思いますが 数学科であるからにはただ単位を取るだけの暗記型の勉強はしたくないです。 大学生活を浪費しないためにも良い本と出会って数学に没頭したいので・・・ 一応自分で調べたものは 「線形代数マスター30題 加藤 明史」「単位がとれる線形代数・微積・微分方程式」「線形代数入門・演習 齋藤 正彦」です これ以外でも結構ですし上記の本に対しての意見でもかまいません。 長文になってしまい申し訳ありません。 どなたか回答よろしくお願い致しします。

  • 数学書

    現在、数学科の学部生の者です。 数か月後に大学で"位相幾何学"の講義が開講されるので、 今のうちに位相幾何学を勉強したいと考えています。 皆様のオススメの本がありましたら、是非教えてください。 あと、代数学の本も、同様に教えていただけないでしょうか? よろしくお願い致しますm(_ _)m ※位相に関する基本的なことは、松坂和夫先生の 「集合位相入門」で(まだ1,5周くらいですが)読んで、学びました。 ですが、この本には商位相に関しては、載っていませんでした。 位相幾何学では商位相の概念が重要と聞いたので、そこだけが 気になります・・・。 ※松坂和夫先生の「代数系入門」はすでに持っています。 「代数系入門で勉強しろ!」 という意見でも構いません。

  • [P189について]線形代数入門

    斉藤正彦氏の線形代数入門p189について質問です。 中段に書いてある、Jの相違なる固有値をα_1 α_2・・・とする 各α_i に対するxE-Jの特性ジョルダン細胞のうち、次数の最大のものを取り、 それらの直和をK_1とする。 ただし、あるα_i に対する最大次数の特性ジョルダン細胞が『2つ』以上ある場合は、 そのうちの一方を取る。 xE-Jの特性ジョルダン細胞っていうのは一体何のことなんでしょうか。 また、次数の最大とは・・・? 私がこんがらがっているのは、 (1)Jの固有値α_iを1つ考える ↓ (2)その固有値のジョルダン細胞を考える。 ↓ (3)次数が最大って??どうやってその次数が定められているのだろうか? みたいなかんじで、全く意味がわかりません。 どなたかご教示願えないでしょうか。

  • S.ラングの解析入門or解析の入門書

    解析入門  (原書第3版) S.ラング 松坂 和夫,片山 孝次 訳 岩波書店 という本を、とにかくがんばって原書で読むように言われました。 しかし、英語の題名がわからないので困っています。 原書で読むように言った先生には当分会えないし… どなたかご存知の方、教えてください。 また、この本じゃなくても解析全般の入門書の名著があれば教えてください。 できれば、洋書がいいです。 お願いします。

  • 大学の微積分の参考書について質問です!

    私今年は大学の電気電子学科に入学しました。微分積分について聞きたいです。初級用と中級用の2つほしいと思っています。 現在、初級用に「やさしく学べる微分積分- 石村 園子」中級用に「微分積分- 矢野 健太郎」か「微分積分学-齋藤 正彦」か「解析入門-杉浦 光夫」を買おうかと思っています。これよりおすすめの参考書があったら教えてください。

専門家に質問してみよう