カバネリピンボール

  • 受付中
  • 暇なときにでも

報酬付き

オメガ3油必須?

オメガ3オイルが必須脂肪酸ということですが、内陸に住んでいて、魚も食べないし、亜麻仁油、荏胡麻油もとらなかった人々もいる(いた)と思うのですが、何か代替品で必ずとれていたのでしょうか?また欠乏するとどのような症状が出るのですか?

ベストアンサー獲得でポイントゲット!

みんなの回答

回答No.1

n-3系やn-6系の脂肪酸は必須脂肪酸と言われていますが、動物性の油脂を含む多くの油脂にはある程度の様々な脂肪酸が含まれていますし、必須脂肪酸は総エネルギーの1%摂取していれば何とかなりますので、まず欠乏することはないです。とはいえ、よほど脂肪接種制限を行えば欠乏症はあり得ます。皮膚障害、成長障害,脂肪肝、殖機能異常,視覚障害、認知機能障害などが言われています。

ベストアンサー獲得でポイントゲット!

関連するQ&A

  • オイル、油 あまに えごま MCT について

    亜麻仁 荏胡麻 MCT 等のオイルをそれぞれ特徴を教えてださい 同じところに陳列されていますが、3種類とも摂った方がよいのでしょうか? お勧めの物も教えてください よろしくお願いします

  • 不飽和脂肪酸を摂れるオススメのレシピとは?

    不飽和脂肪酸が健康に大切と言うことで、意識して摂るようにしたいと思い、どのような食品を摂ればいいのか?と言った点を調べていました。 私の不飽和脂肪酸のイメージは、オリーブオイルや亜麻仁油、ごま油、菜種油などのオイルに入っているといったイメージでした。 しかし、不飽和脂肪酸を詳しく調べると一価不飽和脂肪酸や多価不飽和脂肪酸に分かれており、さらに、 //xn--y8j4e3b388o1ngtqaxlu01ak26gezap83k4ts4ka.xyz/syurui.html こちらのページでは、多価不飽和脂肪酸にもいくつかの種類があることがわかりました。 多価不飽和脂肪酸には、色々な種類があるので、実際に、食事で摂る場合には、全ての多価不飽和脂肪酸を取ろうと思うと、何をどう食べたらいいのか複雑になり、どうしたらいいのか分からなくなってしまいました。 実際に、不飽和脂肪酸をバランスよく取ろうと思った場合には、オリーブオイルやごま油、亜麻仁油、大豆油などの色々な脂を使いつつ、魚を出来るだけ食べて、さらに、カラスミや豚のレバーを食べると言うこと色々とありすぎて、混乱します。 そこで、もっと、簡単に、こうするのが良いと言ったような案があれば教えていただければと思います。 よろしくお願いいたします。

  • 油(脂質)と身体の機能について

    気になることがあるのでご質問させてください。 ・「液体としての油」を摂らないことは、人間の脳や身体に多大な影響を与えるのでしょうか? ここ3か月くらい、どうにも身体がだるく、倦怠感が半端ではありませんでした。 疲れやすく、頭が全く働かない、睡眠不足、うつ症状などがありました。(ちなみに食事の栄養は確りと摂取。運動も毎日し、規則正しい生活です。) しかし先日ふと、食事で「油」を摂っていないなと思いだし、オリーブオイルを摂取するようにしました。 その結果、たった2日間で急に全身に力がみなぎるようになり、頭もクリアになり気持ちも前向きになったんです。 魚や肉、チーズなどは意識して食べていたのですが「液体としての油」はずっと摂っていませんでした。 肉や魚の油脂だけでなく、やはりオリーブオイル、荏胡麻油、亜麻仁油などの「液体としての油」が脳には必要なのでしょうか? 突然、こんなにも身体が好転したので気になって仕方がなく、ご質問させていただきました。 詳しい方がおりましたら、解答の程、よろしくお願い致します。

  • 和食に合う、体に良い油を教えてください

    今年、主人がガンを患い食事に気を使うようになりました。 料理で欠かせないのが油ですが、オメガ3系(えごま油、亜麻仁油)の食用油がいいと聞きました。 ただ、このオメガ3系の油は酸化しやすい為、炒め物に合わないとのことで、酸化しにくいココナッツオイルを使用することにしたのですが、そのココナッツオイルは匂いが強い為、和食(きんぴら、肉じゃが)には合いませんでした。 その後色々調べて、こめ油、なたね油なら和食にも使えて体にも良さそうなのですが、酸化しやすかったり、トランス脂肪酸が多かったりするのでしょうか。 オメガ3系のような体にいい油を和食や炒め物に使いたいのですが、匂いがなく酸化しにくい食用油を探しています。 こめ油、なたね油以外でもおすすめの油がありましたら教えて頂きたいです。 宜しくお願い致します。 (ちなみに時々、オリーブオイルとごま油は使用しています。)

  • 大野裕先生お勧めの代替療法で…

     うつ病の西洋療法の代替療法として、慶応大学の大野裕先生がお勧めの代替療法についてお尋ねします。  監訳された「鬱とそうの教科書」の中で、西洋療法を受診治療するとともに患者自身が出来ることとして、10の実践すべきことを挙げています。  そのうち、あらゆる代替療法の基礎となる栄養サプリメントの摂取を勧めています。  そこでお尋ねしたいのは次の内容のサプリメントを日本で入手する方法です。  必須脂肪酸の、リノレン酸でオメガ3。これが含まれている、低温圧搾で未精製の亜麻仁油です。これを一日ティスプーン1から2杯飲むと良いそうですが、入手する方法をご存知でしたら教えてください。

  • 肉好きにお薦めの油は?

    肉・魚・野菜・果物・・何が好き?と聞かれたら 迷わず「肉!」と答える者です。 とはいえ、健康も気になるので、肉は程々、 気を付けて魚や野菜も食べています。 そんな肉好きの私にお薦めの食用油はありますか? 加熱用なら、オリーブ油やオレイン酸リッチの紅花油 (ω-9系の脂肪酸が多いほど良い???) 生食用なら、えごま油  (ωー3系の脂肪酸) と思っているのですが、もっとマイナーなものでも、 これがいい!というお勧めがあれば教えてください。 また、例えωー9系の脂肪酸であっても、 肉好きの人であれば油は摂らない方がいい・・など、 お奨めの油の取り方があれば教えてください。 よろしくお願いします。

  • 食用油についての質問です。

    食用油についての質問です。 最近、油の安全性についてよく耳にするようになりました。 自分なりに調べた結果、現在『なたね油』『オリーブ油』『亜麻仁油』を使いわけている状況です。 なたね油は揚げもの、オリーブは炒め物、亜麻仁はドレッシングや納豆等の非加熱用に。 亜麻仁については、オメガ3(という成分が良いと聞いたので)を摂取したいので、しそ油やえごま油に変えてもいいかな、という感じです。 なたね油は、今までで一番揚げ物を美味しくいただけたので。 オリーブは、なたねの代わりという感じで使っています。なたねはネットでしか購入できませんし、一番使う油なので、簡単に手に入る油として手軽に使っています。グレープシードも同様にたまに使っています。 と、ここまでが現状です。 質問させていただいたのは、自分が調べた結果について自信がないのです。 ネットで検索するといろんな説があり迷ってしまいます。(ここもネットですが) トランス脂肪酸にしても、少しならば問題ないという意見から、狂った脂肪という意見まで・・・訳がわからなくなってしまいました。 上記の多種の油についても分かったような分からないような・・・ 結局、どの説を信じるかは自分次第なのですが・・・せめて日常的な油についてお勧めの油や使い方があれば教えていただきたいと思っています。 それと使用後の揚げ油の保存方法も教えていただきたいです。1回で捨てるのはもったいないので・・・クエン酸を入れるのって正しいのでしょうか? 乱文、わかりにくい質問で申し訳ありません。

  • 会社の健康診断にて、

    中性脂肪が高いと言われました(;´д`)!!! 落とさないと、将来的に危ないよ!と怒られたので、どうにか落とそうと思っています。 中性脂肪を落とす方法など、色々と調べましたが、必須脂肪酸?をとるのがいいんですよね。 働いてるとなかなか魚って食べられないので、サプリメントなんかで取れないか考えています。 何か良いサプリメントはないでしょうか? そういうの詳しくないので、ぜひご教授下さい!

  • 魚アレルギー?

    NO.526428で質問した者です 魚を食べると、二時間後ぐらいから 胃痛、背中痛、吐き気、嘔吐、下痢 になるのですが 体の骨や皮下脂肪に毒素がたまってしまった時 魚の不飽和脂肪酸と反応して そのような症状が出るのでは・・。 という回答を頂き 不飽和脂肪酸を調べてみたのですが 我が家が使っている調理油も 不飽和脂肪酸なのに症状が出ていません 生の魚はどのように調理しても 同じ症状が出てしまうのに 加工された魚(ふりかけ、乾物)などを食べても 症状はでません。貝類、甲殻類も症状は出ません 魚のどの成分に反応するのか知りたいと思います いろいろ自分でも探してみたのですが 未だに判らないので どなたか魚の成分と消化についての サイトをご存知ありませんか お願いします。

  • 調理法

    テレビでよく見る光景です。 肉や魚をグリルで焼くと余分な油が落ちてヘルシー! 見たいなフレーズをよく耳にします。 実際これってヘルシーなのでしょうか? 肉の場合は、油も落ちますがうまみも落ちているように思います。 魚の場合は、魚の必須脂肪酸が落ちているような気がします。 事実はどうなのでしょうか?

専門家に質問してみよう

質問する